古くから伝わる方法

花とアイシャドウ

健康食品の中でも人気の高い亜麻仁油。古来より栽培されていた亜麻という植物の種子から抽出される油のことです。メディアなどで栄養効果が取り上げられるようになりました。亜麻仁油には不飽和脂肪酸の1つで、「オメガ3」と呼ばれるα-リノレン酸が豊富に含まれています。これを日々の食生活に取り入れることで、多くの良い点があるのです。 例えば肌荒れを防ぎ、アトピーの改善に役立ちます。また抗炎症、抗アレルギーの作用もあるとされています。高血圧症や糖尿病などの生活習慣病の予防と改善にも効果があります。がん細胞の増殖を抑えるという報告もあります。またオメガ3は摂取後体内でDHAに変化するので、記憶力や学習能力を上げることが出来ます。他にも便秘の解消や免疫力アップなど、体を健やかに保つ力がたっぷりです。

亜麻仁油を摂るときには注意する点があります。まず含まれているオメガ3という成分は、熱によって破壊されてしまいます。ですから炒め物に使ったり熱々の料理にかけたりすると、せっかくの栄養効果が得られなくなります。効果的な摂り方としては、ドレッシングにして熱くない料理に使うのがよいでしょう。サラダにはもちろん、冷奴や納豆に少しかけて食べるのも効果的です。そのままティースプーン1〜2杯を飲むというのもよいですが、過剰に摂ると下痢を引き起こすことがあります。適量を守って飲むことが大切です。 また亜麻仁油は空気に触れると酸化しやすいため、開封後は毎回ふたをきちんと閉め、早めに使い切ってしまいましょう。最近では亜麻仁油を使ったレシピもいろいろと紹介されています。自分の好みに合った正しい摂り方で健康を保ちたいものです。